マンションの評価額

マンションの評価額について

マンションの評価額と相続税

マンションの相続をする際には、具体的な相続税の評価額を確認することで、経済的なトラブルを避けることができます。特に、土地家屋調査士や不動産鑑定士などの専門家にアドバイスを受けることによって、最新の物件の価格をきちんと把握することが重要なポイントとして挙げられます。現在のところ、マンションの相続税の支払い方について、数々のメディアで紹介が行われることがあります。そのため、具体的な手続きの取り方について迷っていることがある場合には、大手の税理士事務所に問い合わせをすることで、すぐに便利な情報を集めることが可能です。

マンションの相続税について

マンションは、借地権がある場合を除き、土地と建物が完全に自己所有している一戸建てと違い、専有部分と共有部分から成り立っています。そのため相続税の計算方法も変わってきて、一戸建てよりもマンションの方が複雑となります。計算方法は土地と建物を分けて、土地の登記簿に記載されている持分割合を掛けて行います。相続税には基礎控除があり、基礎控除は3.000万円+600万円×法定相続人の数で算出でき、遺産総額が基礎控除以下なら税金は出ません。税金を減額するには、生前贈与を行ったり、要件が合えば小規模宅地等の特例を受けるのも一つの方法です。

↑PAGE TOP

Copyright © マンションの評価額について All rights reserved