マンションの利用区分

マンションの利用区分について

マンションの利用区分と相続税

マンションの利用区分の広さや範囲などによって、相続税の支払い額が大きく変化することがあるため、常日ごろから各方面の専門家と相談をすることで、様々なケースに柔軟に対応できます。特に、マンションの価値の高さに関しては、それぞれの物件の築年数や敷地面積、交通アクセスなどによって、大きなバラつきが出ることがありますが、優秀なスタッフがそろっている不動産会社とコミュニケーションを図ることで、色々なトラブルを防ぐことが可能です。その他、相続税の支払いのタイミングをしっかりと理解することが課題として挙げられます。

マンションを相続した時の相続税

マンションを相続した場合は、相続税が課税されます。これは預貯金や不動産などの遺産の価額に税率を乗じて税額を求めるもので、預貯金などはそのままの金額となりますが、土地や家屋などの不動産は個別に価額を求める必要があります。例えば、土地の場合は路線価方式または倍率方式を適用し、路線価方式では土地が面する道路に設定されている路線価と、土地の形態による補正率を土地の面積に乗じて、土地の相続税評価額を求めます。倍率方式では、路線価の設定されていない道路に面する土地の固定資産税評価額に、一定の倍率を乗じて求めます。マンションなど家屋の場合は、相続が開始された年の固定資産税評価額が遺産の価額となります。その年の固定資産税が確定するまで遺産の価額が分からず、相続手続きが終わらない点に注意して下さい。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; マンションの評価額について All rights reserved