マンションの相続税

マンションの相続税について

マンションの相続税対策の立て方

マンションの相続税の対策を立てるにあたり、腕利きの税理士や公認会計士などのサポートを受けることが欠かせません。現在のところ、物件の価値にこだわりのある消費者が決して少なくありませんが、様々なタイプの物件の税務上の手続きの取り方をきちんとマスターすることが望ましいといえます。また、ニーズの高いマンションの相続税は、高額になりやすいことが分かっており、早めに各方面のプロフェッショナルから助言を受けることによって、将来的な費用の負担を抑えることができます。その他、いくつかの物件の取り扱い方法を常に理解することが大事です。

不動産を相続した場合のこと

相続により土地やマンションなどの住宅を取得した場合は、それぞれの不動産について相続税評価額を算出し、それに税率を乗じて税額を算出します。土地の評価額は、宅地や田畑、山林といった地目ごとに、路線価方式または倍率方式によって算出します。前者は、土地の面積に土地の面した道路の価格(路線価)および土地の状況に応じた補正率を乗じて求めます。後者は路線価のない場所で適用され、土地の固定資産税評価額に国税庁が定める評価倍率を乗じて求めます。マンションなど住宅の評価額は、相続があった年の固定資産税評価額がそのまま評価額となります。これらに取得した財産の価額に応じた税率を乗じて相続税を算出します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; マンションの評価額について All rights reserved